眉間にシワを寄せるママよりも、前向きで笑顔が素敵なママのほうがイイね!

photo_013

妊娠中はモルモンの関係で、女性としての美しさが一番華やぐ時と聞いたことがありました。なるほど、そういえば、おっぱいは人生最大になりスタイル抜群!念願のママになれるわけですから、幸せオーラも最強に違いありません。でも、しばらくすると「そうではないな」ということに気が付きました。

30代の妊婦は、20代の妊婦に比べて身体的ストレスが重くなります。だからなのでしょうか、20代の妊婦さんに比べて30代の妊婦さんは表情が誠にシリアス。人生を余分に生きただけ、生真面目に過ごしているプレッシャーの証なのかもしれません。眉間にしわを寄せて、母子手帳を眺める姿は明らかに20代とは異なります。お腹が重くなると腰への負担も倍増し、一刻も早く生んでしまいたいと願う姿は痛々しくさえ感じます。

一方の20代の妊婦さんはオシャレにも気を使っているからか、身重とはいえ軽やかにさえ感じられます。子供を持つという意味の捉え方が30代ほどには深刻ではないからかもしれません。お化粧も妊娠以前と変わらない力の入れようで、笑顔も素敵です。見ている側も心が温かくなる、解りやすい幸せオーラを発しています。

子供を持つことに対しての責任感を常に抱くことは素晴らしいこと。でも、ママの幸せあっての子育てです。ママがニコニコしているだけで、子供は自然と笑顔になれるもの。

純粋に子供との対面を待ち望む20代の人達の自然体な姿を時には真似をしてみるのも悪くはないかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です